誰もが食をわかちあえる社会のために  山梨県 | チャレンジ25
    
   ご寄付入会のお願い
ライン

企業のみなさま 個人の皆様行政のみなさま

施設のみなさま

南アルプス市との協働事業

 事務所のある南アルプス市と協働して食のセーフティネットを広げていく仕組みづくりを行ってきました。

  より広く生活困窮者へ配布するためには、困窮者と接点のある民生委員の方や地域包括支援センター、保健師、社協等の協力が必要になります。南アルプス市では、それらの機関とつなげる役割をしてくださっています。

 食料配布について意見交換をし、市の民生委員・児童委員研修会でのプレゼンやチラシの配布など広報活動にもご協力いただきました。また、市から食料保管の倉庫や講演会会場などの施設をお借りしています。
→協働の成果
→ブログの記事を読む

<概 要>

事業期間 H22年4月1日〜H23年3月31日

事業費  なし(県からの助成を受けているため)

役割分担

  フードバンク山梨の役割
 ・市より困窮者への食料提供依頼があった際の支援(配布)
 ・広報活動とそのための資料作成
 ・仕組みづくりに係る関係機関との協議・調整

 南アルプス市の役割
 ・生活困窮者が希望した場合、フードバンク山梨から食料の
   提供を受け、配布する
 ・広報活動への協力及び関係機関との調整
 ・仕組みづくりを行うための協議や会議場の提供




職員の方に食品を渡すところ


民生児童委員の方へのプレゼンの様子
民生児童委員の方へ
  プレゼンする様子