誰もが食をわかちあえる社会のために  山梨県 | チャレンジ25
    
   ご寄付入会のお願い
ライン

企業のみなさま 個人の皆様行政のみなさま

施設のみなさま

フードバンクからの食べ物をあなたの町でも
渡していただけませんか?

 「食べ物がない」という相談を受けた際に対応できなくて困っていませんか?フードバンク山梨では、多くの行政機関と連携して食のサポートをしています。

社会復帰につながる
  食べ物があれば、借金をしたり財産処分をせずに済み、社会復帰することができる方が多くいるそうです。職員の方から困窮者の方へ約1ヵ月ほどの食料を渡していただいています。
 また、「食のセーフティネットチャレンジ事業」として、利用者の自立を目指し、最高期間3ヶ月間(計6回)利用者のお宅へ宅配便で食品をお送りすることができます。費用は一切かかりません。
 
提供までの流れ
 職員の方からお電話をいただき、ニーズなどを伺って食品をご用意します。頻繁に必要な市町村にはストックできるよう、多めに預けています。

 「食のセーフティネットチャレンジ事業」専用の電話へどうぞお気軽にお問い合わせください。

 専用お問い合わせ
   TEL 055−282−2011



たくさんのお米
寄付されたお米




食品と寄せられた願い