誰もが食をわかちあえる社会のために  山梨県 | チャレンジ25
    
   ご寄付入会のお願い
ライン
 

〜返信用ハガキで送られた感想です〜

 2/5(土)品物がとどきました。カレンダーに印をつけて待っていた孫は本当に大喜びです。「スゴイ、スゴイ、なんだかスゴイんだけどー!」って。その喜びは、そのまま私の喜びです。いつも細かな心づかいとやさしい言葉がとてもうれしいです。

仕切りの線

 荷物が届く土曜日はこうしてつながっているんだなって涙が出ます。3歳の息子と山梨に知り合いのいない私にとって今は心の励みになっています。

仕切りの線

 偶然聞いたラジオの放送で御社を知り、ワラをも縋るつもりで恥も外聞もなく申し込んでしまいました。その無茶な相談に心よく応じて下さった御スタッフ様には頭が下がります。
 今の世の中、私の様に身内も友人もなく、社会から孤立してしまった今の自分には手を差しのべてもらえるところは本当にありません。社会の中で順調に活躍出来てる時はそんな事はよけいなお世話になるのですが、今の日本は結構社会から落ちていった人間には本当に冷たいものがありひしひしとそれを感じております。
  私も病気をきっかけとして社会から落ちた人間の一人でありますが、何とか御社の様な団体様の様な活動する人間がもっとふえる社会を切望します。
 自分みたいな人間はおそらくまだまだ多いと思います。どうかその人達を見捨てないで一人でも助けてあげて下さい。もういちどいいます。本当に本当にありがとうございました

仕切りの線

フードを送っていただくことが本当にありがたく思いますと共に箱の中に入れてくれる心づかいの言葉がうれしく思います。自分の好みのものを送っていただいてよかったです。
  フードバンクの皆様には本当に感謝しております。 届けてもらった食品に対してあれがだめこれがだめとはいえません、厳しい生活を送っているので、何でも送ってもらえればありがたいです。

仕切りの線

  →ほかの声をよむ