誰もが食をわかちあえる社会のために  山梨県 | チャレンジ25
    
   ご寄付入会のお願い
ライン

食のセーフティネットモデルの流れ

連携団体から、食を必要とする方の紹介を受ける
(市町や社会福祉協議会、民生委員、支援団体等)

担当者を通して、困窮者の方のニーズを確認
(調理器具の有無、アレルギー、食品の嗜好等)

宅配日にスタッフとボランティアで食品の箱詰め
手書きのお手紙も一緒にいれています

宅急便でお届け

  →配送数の推移、連携団体情報など
  →宅配が届いた方の喜びの声



箱詰めするボランティアさん

仕分けするボランティアスタッフ

詰め合わせの食品の例

様々な食品を詰め合わせにする