誰もが食をわかちあえる社会のために  山梨県 | チャレンジ25
    
   ご寄付入会のお願い
ライン

 過去のお知らせ一覧

   緊急支援状況について 2011.9.2
   農水省・厚労省への要請ご報告 2011.8.24
   震災支援の報告を更新しました 2011.8.16
   食のSN 「届いた声 part2 」作成 2011.8.15
   食のセーフティネット経過更新 2011.8.15
   フードドライブ開催!8/22(月)〜 2011.7.31
   定期総会のご報告2011.7.3
   活動実績 更新 2011.7.3
   記念講演のお知らせ 講師/未来会山下氏  2011.5.18
   会員の皆さまへ 定期総会のお知らせ 2011.5.18
   ご寄付報告の更新 2011.4.15
   ご寄付・義援金の状況について 2011.4.14
   支援物資提供状況のご報告 2011.4.13
   物資の寄付が17トンを超えました!
   提供施設の皆さまへお知らせ 2011.4.6
   

(クリックすると詳細にリンクします)

 県内避難者への支援品募集!2011.3.29
 2HJの震災支援BLOG 2011.3.23
 物資募集!!3/25(金)まで 2011.3.18
 一部収集停止します(毛布、タオル、寝袋)
 募集する物資について 2011.3.16
 東日本大震災の支援のお願い 2011.3.15 
 2HJが震災支援 2011.3.15
 緊急支援録を掲載しました 2011.3.15
 年末フードドライブ結果報告 2011.1.21
 第2回全体会〜フードバンクという挑戦〜2010.12
 家庭の食品大募集!!第3回フードドライブのお知らせ2010.11
 第2回フードバンク講座 <貧困を考える>お知らせ 2010.11
 食品ロスをなくす冷凍活用術2010.11
 2010年/秋 9月〜10月・活動報告2010.10
 フードドライブの集荷・仕分けボランティアさん大募集!
 企業部会のお知らせ2010.8
 夏のフードドライブ開催します!〜家庭の食品大募集〜
 ボランティアさん大募集!!〜配送,炊き出し,収穫体験等〜
 農林水産省「フードバンク活動推進事業」第1回全体会お知らせ
 第2回フードバンク山梨総会開催 2010.6
 環境省への提案 進捗状況 2010.5
 設立から1年半のご挨拶 2010.4
 スープキッチン&チャリティーイベント 開催!2010.3
 環境大臣へ要請。環境省訪問 2010.2
 年末緊急支援 フードドライブご報告 2010.1
 
 


農林水産省・厚生労働省への要請 報告
line

  〜 農林水産省・厚生労働省へ訪問しました〜

  2011年5〜6月にかけて、農林水産省と厚生労働省を訪問し、フードバンクの意義や食のセーフティネットの取り組みの現状をお伝えし、支援をお願いいたしました。
 米山理事長、事務局とともに、セカンドハーベスト・ジャパンの秋元理事に同行していただき、厚労省の訪問時には山梨県職員、南アルプス市職員の方にも同行していただきました。

 農林水産省では、フードバンク活動推進事業から見えてきた課題をもとに要請をおこない、フードバンクの社会的認知度向上と企業の信頼性を得るための広報協力、食品リサイクル法等の制度改革、フードバンク活動を通した食育の実践、活動への支援等をお願いいたしました。→提出した文書をよむ

 厚生労働省では、フードバンク山梨の「食のセーフティネット事業」について説明し、生活困窮者が生活保護を受ける前の「第2のセーフティネット」として、行政と協働しながら成果をあげていることをお伝えしました。→協働の成果はこちら
 同行された南アルプス市生活保護担当の方からは、「この食と就労の支援を組み合わせた取り組みは、新しいセーフティネットと言え、このような取り組みが全国的に広がるようになれば多くの方を救うことができると考えられる。」と発言があり、厚生労働省の地域福祉課の方からもこの取り組みに大いに賛成していただきました。→提出した文書をよむ

 また、両省庁ともに、フードバンクが緊急時に迅速かつ長期的に支援が可能であることから、災害備蓄庫として位置づけること検討していただくようお願いしました。
 

トップへ戻る


ダウンロードする
PDFのダウンロード

農林水産省への提言
PDF (168KB) 9ページ

要約版
PDF (72KB) 2ページ


ダウンロード

厚生労働省への提言
PDF (156KB) 9ページ

要約版
PDF (80KB) 2ページ

賛同書
PDF (60KB)

第3回定期総会 開催のご報告
line

  〜 第3回 定期総会 ご報告 〜 会場の様子

正会員数71名に対し、本人出席20名(法人5名、個人15名)、委任状提出28名(法人14名、個人14名)、計48名の出席がありました。16名の傍聴の方も迎え、全議案が可決・承認されましたことをご報告いたします。
 開催にあたり米山理事長から「東日本大震災被災直後より、フードバンク山梨は多くの県民の皆さんからの緊急支援品の輸送や、県内避難者への食料支援を実施してまいりました。今後ともより一層支援活動を長期的に行っていく事を決意しております。」 と挨拶がありました。→詳細はこちら
講演する未来会代表山下博史さん
 第2部は記念講演として、NPO法人災害・防災ボランティア未来会代表の山下博史さんにお話ししていただきました。講演の最後のまとめとして「少しでも長く被災者のことを忘れずに。10年はかかります。10年間、必ず何かの支援が必要です。できることでいいから無理をしないでください。でも、これができるかなと思ったら、その気持を抑えこまずに支援をしていただければと思います。」と述べられました。
→講演内容を詳しくよむ

フードバンク山梨は、今後も未来会はじめ地域の団体と連携をとりながら、被災地や避難されてきた方への息の長い支援を行うと同時に、山梨における心豊かな循環型社会づくり、ともに助け合う社会づくりへ貢献していけるよう努力してまいります。ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

トップへ戻る

定期総会 記念講演のお知らせ〜未来会代表 山下氏〜
line

第3回フードバンク山梨定期総会 記念講演
ともに助け合う地域社会に向けて 〜東日本大震災に学ぶ〜


講 師 NPO法人災害・防災ボランティア未来会 代表 山下 博史 氏

 3月11日 の東日本大震災より2ヵ月が経ちました。 いまだに生活の再建の目処が立たず、悲しみが癒えない多くの被災者・避難者がいらっしゃる中、NPO法人災害・防災ボランティア未来会は震災直後より、救援物資の輸送、医師や重機オペレーターなど専門家の派遣をはじめとし、現地の避難所や山梨県に開設された一時避難所の運営にたずさわるなど、震災全体を網羅するボランティア活動を行っています。
 その根底にあるのは、それぞれができることで人と人が助け合おうという熱い心。フードバンク山梨もめざす「ともに助け合う地域社会づくり」について、未来会山下代表のお話を通して一緒に考えていきましょう。


 日 時 :平成23年 6月10日 (金)
      PM 2:45〜3:45
      (定期総会終了後になります。
       総会はPM1:30〜2:30)
 会 場 :若草生涯学習センター 1Fホール
      山梨県南アルプス市寺部725−1
 講 師 :NPO法人 災害・防災ボランティア未来会
      代表 山下 博史 氏
 参加費 :無料
 問い合わせ:フードバンク山梨
      TEL/FAX 055−282−8798
      email / info@fbyama.com


トップへ戻る
 


第3回定期総会のお知らせ
line

会員の皆さまへ

       フードバンク山梨 第3回定期総会開催のお知らせ


  開催日  平成23年 6月10日 (金) 13:30〜14:30
  場 所  若草生涯学習センター1F わかくさホール
       (〒400−0337 山梨県南アルプス市寺部725−1
        TEL 055−283−8311 )  
  議 題  平成22年度の事業報告・収支報告・監査報告
       平成23年度の事業計画(案)・収支予算(案) その他

※ 終了後はNPO法人災害・防災ボランティア未来会代表山下博史氏の講演を予定しております。

 県との委託事業の終了があと1年となり、本年度の活動をさらに充実させていくことが、地域にフードバンクを定着させていくことにつながっていくことと思っております。
  今回の総会はフードバンク山梨にとって重要な総会となっております。ご多忙中とは存じますが、ぜひご出席くださいますよう、お願いいたします。

 尚、活動支援のための平成23年度会員登録もあわせてご検討いただけますよう、よろしくお願いいたします。(既に今年度分の会費を納入いただいている場合は、失礼をお許しください。)
 →会員登録のページ http://www.fbyama.com/kifu_supo.html


トップへ戻る
 


県内の避難者・生活困窮者への緊急支援品を募集しています!!
line


  〜山梨に避難された多くの被災者へ食料を〜

   <提供頂きたい食品>
     ・米  ・しょうゆ等調味料
     ・缶詰 ・カップ麺等(生鮮は除く)


       期 間  2011年4月30日まで

  緊急支援品募集のチラシを見る
  →チラシをみる

 東日本大震災で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。フードバンク山梨では、震災発生当初より支援活動を進めております。現在フードバンク山梨には、多くの市民からの温かい思いのこもった救援物資や企業からの提供品が寄せられ、約6トンにのぼっています。それらの物資は、すでに3回被災地へお届けしました。
 一方、山梨県内では、県外避難者の受け入れなどが進んでいます。それと同時に、県内市町村での被災者受け入れ世帯への食品の要請が、フードバンク山梨へ行政よりきており、これから益々増加していくと思われます。
 山梨へ来られた多くの避難者の皆様に住宅の確保と共に食料の確保が求められています。フードバンク山梨へ皆様のご協力をお願いします。

名取市での物資搬入の様子と事務所に入りきらないほどの物資品


セカンドハーベストジャパンの震災支援報告ブログ
 
line



セカンドハーベストジャパン震災支援状況報告BLOG
http://2hjdrblog.blogspot.com/

 フードバンク山梨とネットワーク関係にある東京のフードバンク団体セカンドハーベスト・ジャパンの「震災支援状況報告ブログ」にて、フードバンク山梨はじめ全国のフードバンク団体から送られた支援物資や食品企業から寄贈いただいた食品が、現地でどのように配布されているかの様子が報告されています。ぜひご覧ください!


支援物資の募集期間
line


募集期間  3月25日(金)まで

〜一部収集停止のお知らせ〜
誠に申し訳ございませんが、 毛布(新品)、タオル(新品)、寝袋(新品) の収集は私どもが扱える量を大きく超えて寄せられており、収集を停止させていただきます。

募集している物品について
line


<募集している支援食品・物資>

*食品は賞味期限が1ヶ月以上あり、未開封のもの
*物資は新品のもの


<食 品>
米、パックごはん、アルファ米、缶詰類、インスタント食品、レトルト食品、乾麺、 菓子類、非常食、 離乳食、粉ミルク、 水

<日用品>
紙コップ、 トイレットペーパー、ティッシュペーパー、 紙おむつ、生理用品、マスク、絆創膏類、石けん 毛布(新品)、下着(新品)、タオル(新品)

<防災品>
寝袋(新品)、 懐中電灯、電池、ブルーシート

募集期間  3月25日(金)まで

問い合わせ フードバンク山梨 info@fbyama.ne.jp 
        tel 055-282-8798
(計画停電のため、電話は繋がらないことがあります。メールが便利です) 計画停電の予定

送付先 : 〒400−0036
      山梨県南アルプス市小笠原317 サンシャインビル1F
       フードバンク山梨 宛


その他の受付拠点:山梨県ボランティア・NPOセンター
           
(※食品のみ受付可
                甲府市丸の内2−35−1  TEL:055−224−2941

             
山梨市社会福祉協議会
                 山梨市小原西843−4  TEL:0553−22−8755


※山梨県内の生活に困窮している方へ食品をお送りしている「食のセーフティネット事業」の米も、被災地への供給しているため不足しております。こちらへのお米のご寄付もお願いいたします。


東北関東大震災 募金のお願い

<郵便振替口座>
口座番号  10820−0−9923441
口座名義  特定非営利活動法人 フードバンク山梨





<銀行口座>
銀行名  ゆうちょ銀行
番 号  (普通)0992344
口座名義  特定非営利活動法人フードバンク山梨

東日本大震災の支援にご協力ください
line


募金や食品・物資の寄付にご協力ください

 東日本大震災の被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。 また災害支援に当たられている皆様に感謝申し上げます。 フードバンク山梨では、 地震発生以来、現地で活動するNPO法人ふうどばんく東北AGAIN(アガイン)から現地情報を受け、本日、東京のフードバンク団体セカンドハーベスト・ジャパンへの 緊急支援品の輸送と現地へのスタッフの派遣を決定いたしました。

今回の支援物資
 ・米   ・防災品(非常用食品・非常用飲料水・非常用ブランケットのセット)
 ・お菓子  など

  今回は第1回目の便として輸送し、今後も引き続き支援品を送ります。 フードバンク山梨は、通常業務の中で県内の生活困窮者への食品の提供を行っておりますが、今回緊急性の高い被災地への食品提供を行うため、食品が底をついてきています。 ぜひ、皆様方の募金と食料の寄付をフードバンク山梨へお寄せください。 現在、個人のガソリンの確保や食品の買いだめの行動がおこっておりますが、 まず被災地の皆さんの食料の確保を優先して頂きたいと思います。 限りある食料を皆で分かち合っていきましょう。

 

東北関東大震災 募金のお願い

<郵便振替口座>
口座番号  10820−0−9923441
口座名義  特定非営利活動法人 フードバンク山梨







<銀行口座>
銀行名  ゆうちょ銀行
番 号  (普通)0992344
口座名義  特定非営利活動法人フードバンク山梨

2HJが震災支援をしています
line


セカンドハーベスト・ジャパンが震災支援を行っています。

募金や食品・物資の寄付にご協力ください。


http://wwww.2hj.org/index.php/jpn_home



緊急支援録を掲載しました
line

 
   行政や他団体と連携して行っている個人への緊急支援の内容を掲載しました。
  ぜひご覧ください。




年末フードドライブ結果報告
line

〜第3回フードドライブ最終報告〜
寄付食品・3トン超 ! 22ヶ所へ配布しました。
ご協力ありがとうございました!!

 お陰さまで、家庭や職場、学校などから3トンを超えるたくさんの食品が集まりました。 ご寄付していただいた食品は、1月8日までに計22ヶ所の行政機関(福祉課、社協)や支援団体等へ配布することができました。ご協力いただき、誠にありがとうございました。
(詳細は下記をご覧下さい)

集荷期間:2010年12月6日〜12月16日 (13日間)
 寄付食品:計 3,087.8kg 
         (内 お米 1,240kg)12/27現在
集荷場所
重 量
山梨県ボランティア・NPOセンター
748.2kg
 韮崎カトリック教会
148.5kg
 塩山カトリック教会
5.5kg
 中央市社会福祉協議会
23.7kg
 富士吉田市社会福祉協議会
32kg
 山梨市社会福祉協議会
126kg
 UTYテレビ山梨
115.5kg
 市川三郷町社会福祉協議会
85.7kg
 富士川町社会福祉協議会
62.5kg
 フードバンク山梨事務所
1740.2kg
協力団体
9団体
 山梨英和高校
226kg
 山梨県社会福祉協議会
ボラセンへ
 県庁(担当:福祉保健総務課)
ボラセンへ
 中北保健福祉事務所
13kg
 パルシステム山梨
集荷場所へ
 塩山カトリック幼稚園
16.5kg
 韮崎カトリック幼稚園
韮カ教会へ
 富士聖ヨハネ学園
62kg
 やまなしライフサポート
12kg
合 計 
3087.8kg
 *印は、今回新しく拠点となった場所です

<配布先> 計22ヶ所
 ・行政機関  16(県 1、市町 12、社協 3)
 ・支援団体  6
 <配布重量計> 計 1,133 kg
 ・行政機関 696.5 kg
 ・支援団体 436.5 kg

配布先 (2010年12月6日〜2011年1月8日)
県の生活保護相談窓口
1ヶ所
 峡南保健福祉事務所
45kg
市町村生活保護相談窓口
12市町
 甲府市
147.8kg
 南アルプス市
168.5kg
 山梨市
10kg
 甲斐市
36.5kg
 南部町
49kg
 市川三郷町
26.5kg
 甲州市
12.25kg
 昭和町
22kg
 韮崎市
20kg
 富士吉田市
28kg
 中央市
23kg
 北杜市
19kg
社会福祉協議会年末相談窓口
5市町
 中央市
13.7kg
 市川三郷町
22kg
 甲州市
12.25kg
 笛吹市
35kg
 富士川町
6kg
支援団体
7ヶ所
 やまなしライフサポート
307kg
 他 6ヶ所
( 児童相談所、病院、施設、支援団体、寺院など)
129.5kg
 

 

 

第2回全体会 〜フードバンクという挑戦〜 講師 大原悦子さん
line

フードバンク山梨
2周年記念 農林水産省「フードバンク活動推進事業」第2回全体会

〜フードバンクという挑戦〜

第1部 講演会 (13:40〜)    
講 師 大原 悦子 氏
(ライター、津田塾大学ライティングセンター特任教授)

第2部 活動報告およびパネルディスカッション
(15:10〜)


 日 時 :2010 年1 月15 日(土)13:30 〜 (13:00受付)
 会 場 :若草生涯学習センター 1Fホール
      山梨県南アルプス市寺部725−1
 講 師 :津田塾大学 ライティングセンター
      特任教授 大原 悦子 氏
 参加費 :無料
 問い合わせ:フードバンク山梨
      TEL/FAX 055−282−8798
      email / info@fbyama.com





<講師プロフィール>

 津田塾大学国際関係学科卒業。82年、朝日新聞に入社。東京本社学芸部記者として文化面などを担当。在職中にハーバード大学ケネディ行政大学院修士課程修了。99年フリーに。著書に「フードバンクという挑戦」(岩波書店)「ローマの休日 イタリアの休日」(コモンズ)訳書に「ソウル・トゥ・ソウル」(朝日新聞社)等

家庭の食品大募集!!第3回フードドライブのお知らせ
line

必要な人にあなたの食べ物をプレゼントしませんか?

募集期間 2010年12月6日(月)〜12月16日(木)

  同じ空、同じ街。寒空の下で、ひっそりとお腹をすかせて年越しをする。そんな人たちが増えています。少しでも温かな年末とクリスマスが迎えられるよう、食べ物のプレゼントをします。
 皆さんで家庭にある保存食品を集めてください。いただいた食品は、緊急性のある生活困窮者、炊き出し、路上生活者、外国人支援団体、母子家庭、児童養護施設、障害者施設、高齢者などにフードバンク山梨がお届けします。


 募 集 食 品


  穀類(お米、麺類、小麦等)
  保存食品(缶詰、瓶詰等)
  調味料各種、食用油
  インスタント食品
   レトルト食品
  飲料 (ジュース,コーヒー,茶等)
  乾物(のり、豆など)
  粉ミルク、ベビーフード
  ギフトパック(お歳暮、お中元等)
  ジャガ芋、タマネギ
    (袋に入れて下さい)


 注 意 事 項


  1. 賞味期限が明記されているもの
  2. 賞味期限が1ヶ月以上あるもの
  3. 未開封であるもの
  4. 破損で中身が出ていないもの
  5. お米や野菜は常識の範囲内で
     古くないもの

 問い合わせ:
  フードバンク山梨
 TEL/FAX 055-282-8798
 email / info@fbyama.com

 




 集 荷 場 所
  →地図はコチラ

 ーお詫びー
 中央市社協の地図に誤りがありました。
 正しくは
こちらをご覧ください。

 山梨県ボランティアNPOセンター
  甲府市丸の内2−35−1
   tel  055-224-2941
 UTYテレビ山梨
  甲府市湯田2−13−1
   tel  055-232-1111
 塩山カトリック教会
  甲州市塩山上於曽1351
   tel  0553-32-1175
 韮崎カトリック教会
  韮崎市若宮3−10−1
   tel  0551-23-6011
 中央市社会福祉協議会
  中央市下河東620
   tel  055-274-0294
 富士吉田市社会福祉協議会
  富士吉田市下吉田1900−1
   tel  0555-24-2940
 市川三郷町社会福祉協議会
  西八代郡市川三郷町市川大門416
   tel  055-272-4179
 富士川町社会福祉協議会
  南巨摩郡富士川町長澤1942−1
   tel  0556-22-8911
 山梨市社会福祉協議会
  山梨市小原西843−4
   tel  055-22-8755
 フードバンク山梨事務所
  南アルプス市小笠原317
   サンシャインビル1F
   tel  055-282-8798

 

クリスマスのイラスト

 

 

 

→チラシを見る

チラシを見る

第2回フードバンク講座 <貧困を考える> お知らせ
line


隣り合わせの貧困 〜今私たちにできることは!?〜
 第2回目の講座では、山梨県立大学 人間福祉学部教授の下村幸仁先生をお招きして、貧困について学びます。ぜひご参加ください!!


 日 時 :2010 年12 月18 日(土)10:00 〜 12:00
 会 場 :山梨県立大学 C棟 101号室
 講 師 :山梨県立大学 人間福祉学部教授
      下村 幸仁 氏
 参加費 :無料
 申し込み:フードバンク山梨
      TEL/FAX 055−282−8798
      email / info@fbyama.com

 

 

 

→チラシを見る

チラシをみる

食品ロスをなくす冷凍活用術
line

世界一受けたい授業の冷凍博士がやってくる 家庭の食品ロスをなくす冷凍活用術
 つい食べ忘れて食品をだめにしてしまったことはありませんか?そんな家庭での「もったいない」を救うのが、正しい冷凍ワザです!最新の冷凍ワザを知ることで、調理時間は短縮、家計費は節約、そして、おいしさは驚くほどアップします!フードバンク山梨と一緒に、家庭での食品ロス削減について考えてみませんか?


 日 時 :2010 年11 月21 日(日)13:30 〜 16:00
 会 場 :山梨県立文学館 研修室
 講 師 :東京海洋大学 食品冷凍学教授 鈴木徹氏
 参加費 :無料
 申し込み:フードバンク山梨
      TEL/FAX 055−282−8798
      email / info@fbyama.com


  チラシを見る →チラシを見る

2010年/秋 9月〜10月・活動報告
line

 〜企業の方がFBYへ視察に来訪〜    サントリーと施設の方   中央海産の皆さんとスタッフ
  サントリーホールディング 様  (セカンドハーベスト・ジャパン様と)→ この記事を読む
  パルシステム生活協同組合連合会 様 → この記事を読む 

 〜冷凍用の倉庫をご提供〜  (株)中央海産 様より → この記事を読む

 〜防災備蓄品の寄贈〜  (株)TDK 様より  → この記事を読む


  

フードドライブの集荷・仕分けボランティアさん大募集!
line

 8月18日(水)〜25日(水)の8日間、 フードドライブ実施中です。 フードドライブとは、ご家庭に余っている食品を持ち寄り、食料の確保が困難な個人や団体を支援する活動です。今回のフードドライブにおきましても、寄付いただけた食品を集荷、仕分けする作業に、ぜひ、ボランティアのみなさまのお力をお貸しください。 ボランティア募集は下記の日程です。また、それ以外の日程でも、空いている時間でお手伝いいただけたらと思います。 どうぞよろしくお願いいたします!!


 ●ボランティアさん募集の日程
 8月26日(木) 10:00〜12:00
          13:30〜15:30
 8月27日(金) 10:00〜12:00
          13:30〜15:30
       *ご都合のよい時間帯にお手伝いください*
 ●作業内容
     食品の集荷への同行
     事務所内での仕分け作業


フードドライブへのご参加、心よりお待ちしております。
参加申し込み先
フードバンク山梨  TEL / FAX 055−282−8798  
               Email/ info@fbyama.com
             

企業部会のお知らせ
line

<日 程> 2010年8月6日(金) 13:30〜
       ※ 施設への見学希望者は10:00集合となります。
         集合場所は山梨県ボランティア・NPOセンター 1Fロビー
         見学希望の方には昼食をご用意いたします。
<場 所>  山梨県ボランティア・NPOセンター 3F 学習室1
<内 容>  企業向け案内資料について
       寄付き商品企業向け案内資料について
       経過報告企業アンケート当日の予定
参加申し込み先
フードバンク山梨  TEL / FAX 055−282−8798  
               Email/ info@fbyama.com
             

夏のフードドライブ開催します!〜家庭の食品大募集〜
line

2009年末に実施した「フードド
ライブ」では、約4.3トンの食品が寄せられ、38か所の行政機関・施設・支援団体へ423箱と
189袋お渡しし、緊急支援にあてられました!!

 フードドライブとは、家庭や職場であまった食料品を持ち寄り、食料の確保が困難な団体や個人を支援するための活動。フードバンク山梨では、昨年末に続き、夏もフードドライブに取り組みます!保存食品(インスタント、お中元の品、お米、乾麺など)をお寄せください。いただいた食品は、緊急性のある生活困窮者、炊き出し、児童養護施設、障害者施設、母子家庭・高齢者の方、外国人支援団体などに無償でお届けしています。

ご寄付していただきたいもの
ご寄付していただきたい食品 穀類(お米、麺類、小麦等) 保存食品(缶詰、瓶詰等) 調味料各種、食用油 インスタント食品、レトルト食品 飲料(ジュース、コーヒー、紅茶等) 乾物(のり、豆など) 粉ミルク、ベビーフード ギフトパック(お歳暮、お中元等) ジャガイモ、タマネギ(袋に入れてください) 注意事項 1. 賞味期限が明記されているもの 2. 賞味期限が3 週間以上あるもの 3. 未開封であるもの 4. 破損で中身が出ていないもの 5. お米や野菜は常識の範囲内で古 くないものご寄付していただきたい食品 穀類(お米、麺類、小麦等) 保存食品(缶詰、瓶詰等) 調味料各種、食用油 インスタント食品、レトルト食品 飲料(ジュース、コーヒー、紅茶等) 乾物(のり、豆など) 粉ミルク、ベビーフード ギフトパック(お歳暮、お中元等) ジャガイモ、タマネギ(袋に入れてください) 注意事項 1. 賞味期限が明記されているもの 2. 賞味期限が3 週間以上あるもの 3. 未開封であるもの 4. 破損で中身が出ていないもの 5. お米や野菜は常識の範囲内で古 くないもの

 

※集めた食品は、下記まで直接お持ちください。
郵送・宅配便の場合はフードバンク山梨事務所へお送りください。→ 集荷場所の地図を見る

山梨県ボランティアNPOセンター
甲府市丸の内2-35-1
TEL:055-224-2941
韮崎カトリック教会
山梨県韮崎市若宮3-10-1
TEL: 0551-23-6011
中央市社会福祉協議会
山梨県中央市下河東620
TEL:055-274-0294
富士吉田市社会福祉協議会
住所山梨県富士吉田市下吉田1900-1
TEL:0555-24-2940
塩山カトリック教会
山梨県甲州市塩山上於曽1351
TEL:0553-32-1175
フードバンク山梨事務所
山梨県南アルプス市小笠原317
サンシャインビル1階
TEL/FAX:055-282-8798

 

 

ボランティアさん大募集!!〜配送、炊き出し、収穫体験、フードドライブなど〜
line

お気軽にご参加下さい!ボランティアが初めての方でもOKです。
私たちと一緒に食べ物を必要としてる人のために食品をお届けしませんか?
まず、ご登録していただき、ご希望に沿って詳しくご説明させて頂きます。詳しくは こちら

 

 

農林水産省「フードバンク活動推進事業」第1回全体会を開催します!
line

<お知らせ>  パネリストに一部変更がございます。ご確認ください。
農林水産省「フードバンク活動推進事業」第1回 全体会  誰もが食をわかちあえる社会のために 〜山梨の地にフードバンクを根付かせよう!日時 2010年7月4日(日)PM1時30 分〜 場所 若草生涯学習センター1F ホール(200 席)山梨県南アルプス市寺部725-1 TEL/ 055-283-8311  無料※パネルディスカッションの後、分科会を予定しています。問い合わせ先 フードバンク山梨 TEL/FAX 055-282-8798 Email/info@fbyama.com URL/ www.fbyama.com フードバンク山梨はチャレンジ25 キャンペーンに参加しています。<br /> 日本にある食品は年間9,100万トン。その内、1,900万トンが廃棄されています。廃棄物の中には、500万〜900万トンものまだ食べられる食品(=食品ロス)が含まれています。食品ロスは、企業からやむなく出てしまう食品や、家庭から出る余剰品にあたります。約6割を輸入に頼りながら、多くを廃棄している日本。一方で、食を 必要とする人々は増え続けています。 フードバンクとは、こういったもったいない食品を必要としている生活困窮者や福祉施設に届ける仕組みのことです。いま、食品ロスを削減でき、環境面・福祉面に有用なこのフードバンクシステムを定着させるために、市民・企業・行政が力を合わせていくことが求められています。フードバンクを山梨の地に根付かせるために 何が必要か、共に考え知恵を出し合いたいと思っています。多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

 いま、食品ロスを削減でき、環境面・福祉面に有用なフードバンクシステムを定着させるために、市民・企業・行政が力を合わせていくことが求められています。フードバンクを山梨の地に根付かせるために何が必要か、共に考え知恵を出し合いたいと思っています。
  多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

第1部 フードバンクってなに?? 
    講 師  秋元 健二さん(セカンドハーベスト・ジャパン理事)
    報 告  米山 けい子 (NPO法人フードバンク山梨 理事長)

第2部 パネルディスカッション    一部パネリストが変更になりました
     清水 誉士 さん (株式会社 ティ・エフ・シイ 代表取締役社長)
     栗原 早苗 さん (社会福祉法人さかき会 みらいコンパニー・みらいファーム 園長)
     秋元 健二 さん (セカンドハーベスト・ジャパン 理事)
     米山 けい子   (NPO 法人 フードバンク山梨 理事長)
     コーディネーター 城野 仁志さん (山梨環境カウンセラー協会 事務局長)

詳しくは こちらをご覧下さい。  PDFファイルをダウンロードする

第2回フードバンク山梨総会開催
line
第2回フードバンク山梨総会開催のお知らせ
フードバンク山梨総会が平成22年6月11日(金)13:30〜 ウッドビレッジ伊奈ヶ湖研修室で開催されることが決定しました。 詳しくは こちらをご覧下さい。  PDFファイルをダウンロードする
環境省への提案 進捗状況
line
環境省を再訪問しました
 4月末、環境省から「フードバンクが食品企業の廃棄物発生抑制の手段として有用であることを認知させるよう取り組んでいきたい」との前向きな回答をいただきました。
 今までの経過と進捗状況はこちらをお読みください。 →報告書をよむ
設立から1年半のご挨拶  
line
〜ひとりの一歩を社会の大きな一歩に!〜

 フードバンク山梨を設立して1年半、事務所が開設してから半年が経ちました。理事、ボランティア、企業、行政等、多くの皆様の力を結集してきた1年6ヶ月でもありました。又、私の人生の中で最も凝縮された時間であった様に思います。
  「多くの人は"変化"を好まない」と言われる中で、私のフードバンク設立の思いに共感し、共に汗を流して下さった多くの皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
写真(理事長とスタッフ)

米山理事長 (中)

 フードバンク山梨は年末に行ったフードドライブなどを経て、県内での認知度は高まりました。 しかし、フードバンク山梨が、この山梨の地に「なくてはならない存在」となるまでには、まだまだ長い道のりがある様に思います。閉塞感のある社会だからこそ、社会を生き生きとさせていけるのではないかと思っております。  これからフードバンク山梨が目指す「誰もが食を分かちあえる社会」に向けて、皆さんと共にひとりの一歩を大きな社会の一歩に変えていきましょう。

2010年4月 フードバンク山梨 理事長
米山 けい子

スープキッチン&チャリティーイベント 開催!  
line

スープキッチン&チャリティーイベント

2010年3月20日(土) 11:00〜15:00
場 所  フードバンク山梨事務所 
 →地図、アクセス方法
〜チャリティー販売の売上げは、生活困窮者のための食品提供のために使います〜
もちつき、おしるこ、チャリティ販売、バザー、商店街探索など
施設の授産品販売もございます!ぜひお立ち寄りください。
→チラシを見る

環境大臣へ要請。環境省訪問  
line


2010年2月末、環境省(大臣官房廃リ部企画課循環型社会推進室)を訪問しました
<主な提案内容>
 1 フードバンク活動における環境への評価
 2 誰もが関わる「食」を通じた、官公庁の横断的な取り組み
 3 環境面に貢献する食品企業を評価する仕組みづくり
 4 環境教育への一環に
 5 フードバンクを全国に
環境省では早速、フードバンク活動における環境面への効果を調査し始めました。

2010年1月末、小沢環境大臣に 「フードバンク活動支援のお願い」をしました

  →要請文を読む    →ブログを読む

 年末緊急支援 フードドライブご報告  
line


フードドライブ最終報告書できました!  
→詳しく読む

食料寄付3トン超!皆様、ご協力ありがとうございました!!

お米は1.5トン、保存食品は2トン近く集まりました。予想をはるかに上回る大成果でした!
 ・お米 1,420kg  ・保存食品 1,919kg
関連記事  山梨日日新聞 (平成21年12月28日)  →新聞記事を読む

年末配布。248箱と86袋、達成!!      →詳しく読む
<配布先>
やまなしライフサポート(困窮者、路上生活者支援)、ハート51(外国人支援)、県内の児童養護施設、障がい者施設、高齢者支援団体、教会など

<配布協力行政機関>
山梨県(中北保健福祉事務所、峡南保健福祉事務所、女性相談所、県求職者総合支援センター(JA会館))
富士吉田市 甲斐市 南アルプス市 市川三郷町 中央市 甲州市  甲府市 (配布順)

祝! お米1トン超
配布協力市町村(2009.12.20現在)  富士吉田市 甲斐市 南アルプス市 他2町 
募集期間  2009年12月8日から2009年12月22日まで
ご寄付していただきたい食品 保存食品(穀類、缶詰、調味料、レトルト食品、乾物、ギフトパックなど)
              →詳細チラシを見る(PDFをダウンロード)

事務所に届けられたたくさんの食べ物

ご寄付していただいた食品

お米 1,420kg 保存食品 1,919kg

(2009年12月26日現在)


年末配布。248箱と86袋。

主食・副食類・乾物・菓子などを
ミックスにして箱に詰めたものを
お配りしました。

詳しくはフードバンク山梨のブログへ
こちら